Skip to Content

カテゴリー: ガン

病気もあります

2018年2月21日 • telme

薬を使わずに我慢できるようなら

さまざまな症状が現れる病気ですですからBSEという病気ができたのも、その牛を食べた人間の脳が海綿化してしまうのも、いってみれば自然の摂理を無視して我欲に走った傲慢な人間が受けた当然の報いだと私は考えています結局、人間を含めて動物はみな、何をどのぐらい食べるのがよいのかというのは、自然の摂理で決まってい自然の摂理を無視したところに健康な生活はありませんまずいものを食べていては健康になれない)の章では、どのような食物が命を養う「よい食物」で、どのような食物が健康を損なう「悪い食物」かということを述べてきました。「よい食物」と「悪い食物」を分けるポイントは、命のもとともいうべき「エンザイム」の有無と、フレッシュさ、つまり「酸化」の有無でした。そして、そのよい食物をどのような「バランス」ればいいのか、ということにも触れました。でとればいいのか。それを「どのようにして」人間は進化の過程で食物を「調理する」ということを覚えました。それによってより多くの食物を楽しんだり、食物を保存したりすることができるようになりました。

薬を処方されたり輸血されたり

しかしその半面、貴重なエンザイムを調理の熱によって失うというデメリットを負うことにもなりました。野生の動物で調理をする生き物はいません。また、食物を精製したり加工したりして食べるものもいません。ですから、健康によい食事を研究している人のなかには、人間もいっさいの食物加工をやめ、すべて生の状態で食べるべきだという人もいますでも私はそうは思いません。なぜなら、健康に生きるためには人が「幸福」であることがとても大切だからです。1型糖尿病インスリン依存型遺伝的体質自己免疫

検査を受けるようぃぃつづけてきました大腸

百合子さんにとって大きな試練となった更年期の体験は、取り組みや生き方にも少なからぬ影響を与えたようです。【体験症例】「私は徹底していい娘を演じていました」陶芸家の大野浩子さん(仮名·52歳)が更年期症状を自覚したのは48歳のとき。浩子さんの場合も不眠がきっかけといいます。結婚28年になる浩子さん夫婦に子どもはいません浩子さんは何店かの決まった店に作品をおろすかたわら、など、精力的に仕事をこなしていました。2年に1度は定期的に作品展を東京·銀座で開く不眠が始まったのは暮れに行われた個展が終わってまもなくのことです。

ガン患者になるとさ

薬を飲むようになると
まる頃からすでに「なにか変」だったのです。あとから振り返ると、毎回、会場には大勢の友人、知人、それにファンが訪れるのですが、いつもなら人に会うのが楽しみなのそのときはなんとなく人に会いたくありません。会場に顔を出すのが苦痛でした。帰宅したときには疲労困憊こんな疲労感はかつてないほどでした。展覧会が終わったあと、寝付きが悪くなりました。いつもなら床につくと、スーッと眠りに入り、朝はすっきり目覚めるタイプです。
薬を飲むのを怠ること怠薬や

免疫異常の素因のある人は10人に1人程度と考えられていますが

それを想うと、るのだと思います今生でお会いできた方というのは、ましてや知己や友人となったのは、本当に深いご縁があこうしたことは、時には想うことがあったとしても、それをきちんと思い出してくれる「ありがとう日記」いつもは忘れがちですすると、ただ過ごしただけの一日が実は大変貴重なものだということが、実感として解かるようになります小さなことだと思われるかもしれませんが、毎日が光り出し、輝きを増します私はさまざまな病をしました。そして、寝返りも打つこともできず、寝たきりの毎日もありました。どれほどありがたいことか解かったのですしみじみと今まで何でもなかったことが、世間を見渡せば、病院のベッドで寝たきりの方、そして、ベッドで寝ることすらできない方もいらっしゃることを思えば、不平不満は言ってはいけないことだと感じます。試しに今、書いてみましょう。驚くほどこころが浄化されることがわかるかと思いますこの日記は、何も事象を書く必要はないので、何も書くことがなくても、「平穏な日でした。ありがとうございます」でいいのです。

検査をすることもあります

眼のレンズである水晶体が白く濁って視力低下を起こす病気です
今、この瞬間に地震が起き、また他の人災·天災が襲ったら、平穏な日々とはほど遠くなるでしょうし、当然ですが、こころも安寧ではいられません。ですから、一番すばらしいことは何もな日々だということに氣づきます。ありがとうございます、です。よく言われることですが、コップの水を半分こぼしてしまったどんな物事も二面性をもっているものです。としても、半分は残っています。このことを感謝します。コップの水が全部なくなってしまっても、生命がぁることを感謝しましょう。まだまだやりたいことがあるでしょう。