人工知能って何だ?

人工知能を導入することで様々なメリットやデメリットがあり

AIの開発は通常の開発とは勝手が違う
自動車に取り付けられた様々なセンサーによって、故障が未然に防がれ、修理工場も減少するとになる。また、二〇一五年の交通事故発生件数は約五四万件もあり、そのうち死傷者数は約六七万人であったが、自動運転車の普及によってそれらの問題も解消するであろう。ようするに自動運転の車が普及すれば交通事故も減り、多くの人命が救われ、怪我人も激減して日本の医療費の大幅な節約や看護師不足に悩まされることもなくなるということである。それに関連したリハビリのスタッフや修理工などの仕事も減りそうである。自動車事故が減るということは事故による自動車の買い換え需要が減り、ムダがなくなるし、ちょっとした車の修理なら自宅の3Dプリンタでできそうだ。
コンピュータが人されることが多いようだ

コンピュータ同士でお金の決済が可能となっていくと考えられる
3Dプリンターで出力した自動車部品が品質的に問題がないかどうかのチェックは10Tでできるようになるであろう。
資本主義経済ではあらゆるモノが商品交換される。もちろん労働力までもが商品化されている特殊な経済であるが、労働の対価として賃金が発生し、賃金でもって生活資料資本の生産物を買い戻すことによって我々の生活が成り立っている。ところで、IoT時代にはG-W(Gが貨幣wが商品であり、貨幣でもって商品を買うことを意味する)においてIoT対応のWを購入すると商品交換の意味がこれまでとは異なってくる。

人工知能の1Qはより具体的な検討が進んでいます

従来ならWを購入後は売り手との関係は基本的に絶たれるが、IoT商品ではWというモノを得ることよりも購入後のサービス目当て(無意識でもよいが)に購入することになる。購入時のWの価格は、サービス料込みかもしれないし月々のサービス利用料を支払う条件で購入することになるかも知れない。しかし、サービスを提供する会社は販売した個々のWから自動で得られるビッグデータを自動分析して様々なサービスを提供したり新しいサービスを開発したりすることになるので、商品についての私的所有権の所在が不明になってしまうのではないかと考えられる。
RPAコンサルタントの事例

コンピューターの力を借りざるをえない

つまり、サービスという新たな付加価値はモノを生産する工場で生産された付加価値ではなく、Wを購入した人のWから得られるデータをもとに創られる付加価値であるからだ。そこで、IoT時代において「データは誰のモノか」という論争が起きている。
に付随したサービスを販売した会社が一方的にデータを独占し利潤を独占することが正当であるのかということである本稿ではデータは個人のものだという説を支持している(注二四)。

コンピュータがより大規模な情報を処理できるようになった

個々のモノから発する膨大なデータ(われわれの日々の活動から取得される情報)が新サービスを創造しサービスを充実させるということ、つまりデータの蓄積と共有による利活用が新しい付加価値をつくるのであるからそれを私的企業が独占できる客観的根拠はないと考えるのである。データは個人のモノであるという立場に立てば1oT時代のモノは自ずとシェアされることになる。つまりシェアされて初めて価値をもつということである。スタンドアローンでモノを所有していてもサービスは受けられないのでIoT的には無価値であることを意味している。
人工知能が過去の記憶からいろんなことを判断したり

人工知能の生態系のようなものができていれば

すなわち、家電や自動車などのあらゆるモノがIoT化商品になれば、原理的にはこれらはわれわれ社会の共有物となり、普段利用する道路と同じような、いわばわれわれの暮らしにおけるネットワーク化された社会インフラになるということである。
IoT化とともにモノをシェアすることが広がれば広がるほどモノを私有することが無意味化していく。

      AIと僕たち人間の役割ではないでしょうか?
      インターネット時代サイ社員を監視し続ける
      AIを活用した分析を行っています